スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本初上映

JICA横浜にある海外移住資料館にて、公開講座として国内初の上映が行われました。

前日に毎日新聞で取り上げられ、当日も読売や神奈川新聞が取り上げてたため、定員100名のところに160名以上の方々が押し寄せ、職員も大わらわ。

結局120名分の整理券を出してみたのですが、皆さんそのままおられたので通路に椅子を増設し、扉も開放して立ち見をしていただくことに。

嬉しい悲鳴ではあるのですが、立ち見の中にはシニアの方もいらしてて、とても心苦しく思いました。

終演後は映画制作の経緯とコンセプト等を説明の後、質疑応答を行いました。

「もっと戦争の内容が多い方が良いのでは?」や「ダニエル・イノウエ上院議員をもっと立てた方がメジャー感が出て上映の話もし易いのではないか」などの意見のような質問もありましたが、すべてにお答えしご納得いただきました、

これから、徐々に上映の機会を増やして行きます。

皆さんも、是非ともご覧になってください。

海外移住資料館




スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

私は福井市に住んでます。 この映画に関心持った動機は、442コマンドがフランスの小さな町「プリエラでの勇敢な戦い」に感動し敬意を表わしたいと思ったからです。 この素晴らしく感動的な映画を地方で観賞するのは無理だとおもいます。 で、東京、大阪での上映する情報をどのように得ることができるか教えて頂きたい。
 宜しくお願いします。

齋藤さま

齋藤さま

コメント、並びにお問い合わせいただき、ありがとうございます。

ブリュイエールでの戦闘については、私がインタビューした多くの二世の方が一番記憶に残り、且つ悲惨な戦闘だったと口にしました。

但し、私はこの映画を、二世の戦争映画としてのみで遺そうとは考えておりません。
彼らは一世の移民の苦労も目の当たりにしていますし、彼らの中には、自身が砂糖黍畑の労働に出ている者もいます。
そういったプランテーション時代の様子も、遺したいと思い纏めています。

12月6日の上映パーティーの後、2月以降でのロードショウの話を東京と横浜、そして大阪で進めています。
しかし少し間が空いてしまうため、1月中に、特別上映も検討しております。

お知らせは、もちろん、こちらでも行いますし、フェイスブックの映画コミュニティでも行います。

引き続きご注目ください。

大阪での舞台挨拶は・・・?

はじめまして
大阪の野口典子と申します。
昨年10月『日系部隊のおじいちゃんに会いに行く』という記事をモーハワイ ヤッテルハヤッテル2で記事にしていただいた者です。
嬉しいコメントをいただきながら、長い間気づかず申し訳ありませんでした。

今回、大阪シネ・ヌーヴォーでこの映画を観れることになり、大変嬉しく思います。ご苦労の末、素晴らしいドキュメンタリー映画を制作して下さり、ありがとうございました。
松元監督さんのお話を少しでもお聴きしたいので、もし大阪で舞台挨拶をされる予定がありましたら教えていただけないでしょうか?
よろしくお願いいたします。

Re: 大阪での舞台挨拶は・・・?

野口さま
コメントありがとうございます。
3月2日から大阪で上映しますが、私は土日両日とも舞台挨拶をする予定です。
但し、日曜はその後移動しなければならず、土曜の方が比較的余裕があります。
お時間がありましたら、土曜日にお越し下さい。

松元
プロフィール

NPO法人NACJ

Author:NPO法人NACJ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。